乳酸菌は、花粉症の症状を緩和する作用がある栄養素だと言われており、多くの人が積極的に補給しています。乳酸菌をサプリメントから補給することで、花粉症の症状を軽くすませようとする人は大勢いるようです。花粉症の症状を和らげるための対抗策をとるためには、花粉症のメカニズムを知っておくことが重要だと言われています。花粉症の症状は、人が持つ免疫機能と関係しています。免疫機能とは、体内に異物が侵入した時に、体の外にその異物を出そうとする働きです。免疫の仕組みは、ヘルパーT細胞の1型と2型という細胞が重要なポジションにあり、主要な動きをしているといいます。異物を体の外に出すための抗体がつくられるかどうかは、2型細胞がインターロイキン4という物質をつくるかどうかに関係します。乳酸菌を体内に取り入れておくことで、異物を排出するための抗体がつくられにくい状態にすることができます。アレルギーの原因物質となっているアレルゲンも、口や鼻を通じて体の中に入り、腸で吸収されるというプロセスを経ています。花粉症のアレルギー症状を抑えるためには、サプリメントや食事で腸のコンディションを整えることが効果的です。乳酸菌を摂取して、腸の環境を整え、悪玉菌を減らし善玉菌を多くしておくことで、アレルギーの原因であるアレルゲンを体内に吸収せずに済むようにできるといいます。治療薬ではないので、サプリメント自体には即効性はないですが、少しずつ体質を変えていくことで、花粉症に対して有効な体をつくることが可能です。空気中に花粉が混じる季節より、3カ月くらい前倒しにして、サプリメントを使い始めるようにしましょう。